注文住宅の基礎知識!メリット・完成までの流れ・費用相場・依頼先の選び方などを解説

注文住宅を建てる際にかかる費用の内訳

注文住宅を建てるには多額の費用がかかりますが、その内訳は大きく本体工事費・付帯工事費・諸費用の3つに分けられます。
本体工事費とは、建物そのものにかかる建築費のことで、注文住宅の建築に要するトータルコストの70%ほどを占めるのが一般的です。
具体的には、仮設工事・基礎工事・木工事・内外装工事・電気工事・設計などに要する費用が含まれます。
付帯工事費とは、建物以外の部分に関わる工事費のことです。
トータルコストの15~20%ほどが目安で、古い家の解体工事・地盤改良工事・外構工事・水道やガスの引き込み工事・インテリアや電気設備の設置などが該当します。
諸費用は、本体工事費と付帯工事費以外に発生する費用です。
トータルコストの5~10%ほどを占めるケースが一般的で、ハウスメーカーや工務店と結ぶ工事請負契約にかかる手数料や印紙税、不動産を取得する際に発生する税金、住宅ローンを組む際に発生する手数料や保証料などが挙げられます。
加えて、火災保険や地震保険、地鎮祭や上棟式などの儀式、家具家電の購入費、引っ越し代なども含まれます。

注文住宅を建てる際には事前に費用相場を把握する

注文住宅を建てる際には、事前に費用相場を把握しておくことが欠かせません。
自由な設計が出来る注文住宅ではあっても、投じることが出来る予算には限りがあるのが普通なものです。
どの程度の金額を投じれば、どういった設備を備えられるかが前もって分かれば、具体的な設計イメージを考えられるようにはなるものです。
注文住宅を特集するサイトの中には、費用相場に応じた設備内容を紹介するものも見られます。
実際の事例を交えながら、予算に適した設備の施工を紹介するのです。
殆どのハウスメーカーでは、無料で参加できる事前相談会を開催中です。
費用に見合った居住設備が決まった際には、詳しい内容についてを聞いてみるのも良いでしょう。
ハウスメーカーには、社内にモデルルームを備えるところも少なくありません。
図面や写真を使った説明だけでは、予算内で実現できる居住設備に対する具体的なイメージを掴めないことも珍しくありません。
家族と一緒にモデルルームを眺めていけば、費用に見合った適切な家屋の設計が思い浮かぶでしょう。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の基礎知識

こちらのサイトは、自由設計で好みのデザインや間取りの家づくりができる注文住宅の基礎知識を初心者に分かりやすく解説しています。自由設計の家づくりと聞くと色々なメリットがあるイメージではあるけれども、どのようなメリットがあるのか完成までの流れや費用相場、そしてハウスメーカーや工務店など依頼先の選び方なども分かるようになっています。また、家づくりを行う手順について検討段階から完成までの流れや家を建てる費用の内訳にも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search