注文住宅の基礎知識!メリット・完成までの流れ・費用相場・依頼先の選び方などを解説

注文住宅を建てる手順|検討から完成までの流れ

自由に理想の居住空間を実現できる注文住宅は、現在でも根強い人気があります。
注文住宅を建てる場合は、下調べなど事前の準備も大切なポイントになります。
竣工から引渡しまでの期間はデザインや間取り、打ち合わせの回数などによって変わりますが1年前後が多いです。
入学や転勤などで新しい生活を始める場合は、余裕を持って早めに計画を立てます。
注文住宅を建てる場合の流れはシンプルで、最初のステップでは予算を検討してイメージを明確にします。
多くの人が金融機関の住宅ローンを利用しますが、住宅ローンの借入額はシミュレーションツールで簡単に調べられます。
資金計画を立てて家のイメージが明確になったら、ハウスメーカーの選択に移ります。
モデルハウスを持っているハウスメーカーなら、実際に見て特徴を確認できます。
ハウスメーカーが決まったら、契約内容を確認してから工事請負契約を締結します。
契約後は詳細な打ち合わせを行い、プランを変更する場合は変更契約を結びます。
建物が完成したら市区町村の完了検査を受け、気になる部分を修正してから正式に引渡してもらいます。

注文住宅の完成するまでの期間はどのくらいかかるか

注文住宅は建売住宅とは違い、土地を探すことから始まるので、建てようと決めてから実際に出来上がるまでの期間は、物件の大きさや工法、デザインによって異なりますが、一般的には10ヶ月~15ヶ月程度とされています。
モデルハウスに足を運んだり、インターネットなどで間取りやデザインを診たりして、希望の住宅のイメージ作りにだいたい2ヶ月~4ヶ月程度かかります。
同時にイメージが固まれば、次は資金計画を立てて住宅ローンだと毎月どのくらいの返済が可能かなどを算出します。
依頼したい建設会社を数社を検討して、それぞれに建設工程や概算見積もりを出してもらい、打ち合わせする中でどの会社が親身になってくれて信頼できるかを見極めるのに1ヶ月~3ヶ月程度です。
土地売買の契約や着工前の打ち合わせを行い、正式に注文住宅を依頼して、住宅のデザインや間取りのほか内装や外装、設備や壁の色などの詳細を決めていくのが、だいたい2~5カ月程度です。
住宅の規模やデザインによって期間は異なりますが、おおむね3ヶ月~6カ月程度が工期となり、完成後は鍵と物件の引き渡しや登記手続きが行われます。
季節や気候によっては延長になる可能性もおおいになるので、余裕を持って検討する必要があります。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の基礎知識

こちらのサイトは、自由設計で好みのデザインや間取りの家づくりができる注文住宅の基礎知識を初心者に分かりやすく解説しています。自由設計の家づくりと聞くと色々なメリットがあるイメージではあるけれども、どのようなメリットがあるのか完成までの流れや費用相場、そしてハウスメーカーや工務店など依頼先の選び方なども分かるようになっています。また、家づくりを行う手順について検討段階から完成までの流れや家を建てる費用の内訳にも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search