注文住宅の基礎知識!メリット・完成までの流れ・費用相場・依頼先の選び方などを解説

こちらのサイトは、自由設計で好みのデザインや間取りの家づくりができる注文住宅の基礎知識を初心者に分かりやすく解説しています。
自由設計の家づくりと聞くと色々なメリットがあるイメージではあるけれども、どのようなメリットがあるのか完成までの流れや費用相場、そしてハウスメーカーや工務店など依頼先の選び方なども分かるようになっています。
また、家づくりを行う手順について検討段階から完成までの流れや家を建てる費用の内訳にも触れているので参考にされることをおすすめします。

注文住宅の基礎知識!メリット・完成までの流れ・費用相場・依頼先の選び方などを解説

注文住宅はメリットが色々あるけれども、一番の魅力は自由設計であり好みのデザインや設備を導入した家づくりが実現することではないでしょうか。
ここでは、注文住宅の完成までの流れについて基礎知識を解説しているのですが、この流れを知ることで何から始めなければならないのか計画を立てることができるようになります。
また、ハウスメーカーや工務店などの建築会社選びのポイントなどにも触れているので自分たちの注文住宅に最適な会社を見つけるときに役立てることができます。

そもそも注文住宅とは?建売住宅との違いとは?

注文住宅と建売住宅の違いは外観からでも判断することができる内容はあり、多くの戸建て住宅で採用するサイディングとは異なり、意匠性のあるデザインと素材で作られていることは目立つ内容です。
屋内側では間取りの基準というものがあり、建売住宅の場合では全てではありませんが、10畳程度のリビングと6畳の居室で構成されていることが多い傾向にあります。
注文住宅の場合は完全に自由設計になることから、5.5畳や7.2畳など建売住宅には無い間取りを作り上げることができます。
床は合板タイプのフローリングを採用し、壁にはビニールクロスを採用することが多い建売住宅に対して、注文住宅であれば無垢材を用いたり、壁には漆喰や天然素材のパネルを用いるなど、シックハウス症候群の問題をクリアすることも可能になります。
他にも防音室を完備して楽器演奏や電動工具を使えるスペースを確保できたりと、注文住宅は建てる方の希望を完全に叶えられることに大きな違いがあるのではないでしょうか。

注文住宅には2種類のオーダー方法がある

注文住宅と一口に言っても、そのオーダー方法は大きくフルオーダーとセミオーダーの2種類があります。
フルオーダーは、多くの方が注文住宅と聞いてイメージするオーダー方法で、家づくりに関するあらゆる項目を自分たちで決めることができます。
物理的に不可能なことや法律で規制されていることを除き、自分たちの希望を全て叶えることができるのがフルオーダーの魅力です。
しかし、自由度が高いゆえに、こだわりたい部分がどんどん増えて予算オーバーになりがちというデメリットがあります。
一方のセミオーダーは、住宅会社によってあらかじめ決められたパッケージの中から好みのものを選んでいくタイプです。
フルオーダーと比べると自由度は低いものの、建築コストが抑えられるとともに、選択肢があらかじめ決まっているのでスムーズに家づくりが進みやすいというメリットがあります。
ただし、オプションを追加していくとフルオーダーと変わらない費用がかかる可能性があります。
加えて、狭小地や変形地などの土地に建てられないケースもあるので注意が必要です。

注文住宅でマイホームを建てるメリットとは?

注文住宅でマイホームを建てるメリットはなんといっても建物全てに自分の意見を反映させることができることと、その建築現場に深くかかわれる点といえます。
建売の場合には基礎部分などをはじめとする重要部分に、自分の意見が反映されることがないまま建てられた物件を購入します。
そのため建築過程を見られない部分で不明瞭な点がどうしても出てきてしまいますが、注文住宅は基礎部分から内装に使用する材料・生活空間・外壁・建具にいたるまで自分の意見を反映させることができるうえ、作っているところにも関われることから欠陥がでる可能性が極めて低くなるという利点があります。
その分建売に比べコストは高くなりますが、住み始めてからの補修費の心配も少なく、自分の構想が現実のものとなる喜びや、その快適な空間の中で毎日の生活を満喫することができるという点において、高いコスト分のメリットが後の生活に十分に還ってくるのも注文住宅ならではのとても良い点であるといえます。

注文住宅でマイホームを建てるデメリット

注文住宅とは、オーダーメイドでご自身の希望やライフスタイルに合わせて建築を行う新築の住宅のことです。
間取りなどの構造や外観などを設計することができて自由度が高くて、自分たちの希望の家を作ることができることが最大の魅力です。
メリットが多いのはもちろんですが、一方で注文住宅のデメリットの一つが、入居までに時間がかかることです。
自由度が高い分趣向を凝らせば凝らすほど完成までに時間を要するので1年半以上かかるケースもあります。
また、素材や設備を自分で選べるために、よりこだわりのある良いものを選択していくうちに予算オーバーに陥る傾向が高いです。
あらかじめ考えていた予算内であることや余裕を持った資金計画をしっかりと立てておく必要があります。
そのほか、図面上で家の設計を決めていくので、完成した家の具体的なイメージがつきにくく、仕上がりの状態が思い描きにく点があります。
事前情報よりデメリットな面をしっかりと考慮して、ハウスメーカーや工務店を検討することをおすすめします。

注文住宅の依頼先は大きく3種類ある

注文住宅の依頼先は工務店とハウスメーカー、設計事務所です。
設計事務所の中には建築士が1人で行っている、つまりフリーランスのところもあります。
設計事務所は注文住宅を引き受けているイメージがあるでしょう。
しかし工務店とハウスメーカーにはそのイメージがなく、検討しないまま依頼先を決めてしまう人がいます。
工務店の規模はさまざまであり、大工が設計を行っているところもありますし、専任の設計士がいるところもあります。
工務店の中にはデザイン工務店と呼ばれる、意匠重視のところもあります。
顧客の要望に柔軟に応えるスタイルのまま、おしゃれな注文住宅と建ててくれるのです。
ハウスメーカーは規格住宅中心のところもありますが、自由設計などの名前で注文住宅を引き受けているところが多いです。
設計事務所ほどの自由度はありませんが、間取りや仕様が選べて、理想の住まいが手に入る可能性があります。
設計事務所は最も自由度の高い設計を期待できますが、会社によって得意分野が異なります。
木造の実績しかないところや、RC造しか受注しないところがあります。
よく調べてから相談するのが賢明です。

注文住宅の依頼先を選ぶ際のポイント

外光をたっぷりと取り込めるようにリビングルームは2階に設けたい、お年寄りも小さな子どももペットも安心して安全に暮らせるように出来る限りのバリアフリー化を実現させたい、家事の効率性・利便性を向上させるために生活動線にはこだわりたい、家を空けることが多いのでセキュリティ対策は徹底したいなど、注文住宅の購入に際して期待や理想や夢や希望は大きく膨らみます。
それらを叶えられるかどうかは、注文住宅の依頼先の選び方によって決まります。
業者選びで押さえておくべきポイントについてですが、断熱性や防音性などの機能面のみならずデザイン性やインテリア性にもこだわったお洒落な家づくりに定評がある、工期が明確で柔軟で迅速で丁寧な対応がなされ保障やアフターサービスも充実していてサポート力が高い、最先端のテクノロジーや革新的な工法や先進的な建具を積極的に導入しているなどがあります。
理念やコンセプトに忠実な経営で確固たる信念を持っているかどうかも大事です。

注文住宅を建てる上で押さえておきたい工法の種類

注文住宅というものをご存じでしょうか。
日本では2000年頃から注目を集め出し、今では若い世代を中心にこの工法で絵作りをなさる方が多くなりました。
簡単にどのような施工なのかを、ここで解説していきます。
まず大きく分けて2つの工法があります。
ひとつは木造、もうひとつがプレハブ施工です。
前者は以前から国内の戸建て住宅を建設する際に実施をしていた方法で、大工が現地で木を削ってサイズ調整をされるものになります。
釘を使って建てるため、完成までに約3か月の期間を有するのがポイントです。
注文住宅ではこちらではなく、後者のプレハブ施工が多くなるのが特徴です。
まず工場であらかじめ外壁パネルや骨組みを作っておき、それを現地に運び込みます。
現地では組み立て作業のみとなるため、完成までに1か月程度しか掛からないのが魅力です。
注文住宅を建築する際は、どちらの方法で手に入れるのかを考えてから、工務店・ハウスメーカー探しをすることです。

注文住宅を建てる際の予算の決め方

土地を持ってない人が多い事情もあり、注文住宅を建てるときには宅地購入費も含めて予算を考えるのが一般的です。
実績が豊富な工務店やハウスメーカーを活用すると、土地購入も含めて慎重に費用を算出することが可能です。
また土地を買う費用を抑えると、注文住宅の建築に十分な資金を回せるようになります。
しかし宅地を買う場合でも、建物本体の費用も算出を丁寧に行うことが最も重要です。
特に重厚な構造の住まいにするためには、基層工事を丁寧に行う必要があります。
更に完成後の光熱費を抑えるためには、断熱材にも十分な資金を活用するのがポイントです。
施主自身が積極的に要望を施工会社に伝えると、理想の家づくりを進めるために必要な費用も詳細に算出できます。
見積書を見て予算を終えていることが判明した場合には、不要な仕様をカットするのが理想的です。
人件費がコストの大きな部分を占めているので、工期が短くなるプランを選ぶことも大切です。

注文住宅を建てる土地選びのコツとは

注文住宅はマイホームの理想をそのまま形にできる物件として注目されていますが、建物だけではなく土地選びにもこだわることが大切です。
家が良くても立地環境に問題があったら理想的な我が家とは言えないことから、安易に即決せず慎重に考える姿勢が求められます。
注文住宅における土地選びで重要な点は利便性とされています。
出費を抑える目的で地価が安い所を優先しがちですが、お店や学校、職場など利用頻度が高い施設への行き来に不便な立地では毎日の暮らしが苦痛に感じてしまいます。
多少は割高でも交通の便が良く、様々な施設への行き来が容易な立地環境の方が快適に生活できるでしょう。
近年のうちに開発が進み、利便性の向上が期待できる所を選ぶ方法もありますが、都市開発は必ずしも当初の計画通りに進むとは言い切れないのも事実なので入念な情報収集が不可欠です。
かつては湿気が籠るなどの理由で埋め立て地は避けるべきと言われていましたが、造成技術が進歩したことにより、埋め立て地でも即座に問題が生じることはほとんどありません。
一方で河川や傾斜地など、元々の環境が良くない所はしっかりと増勢を行っていないと不具合が起きやすいので注意が必要です。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の基礎知識

こちらのサイトは、自由設計で好みのデザインや間取りの家づくりができる注文住宅の基礎知識を初心者に分かりやすく解説しています。自由設計の家づくりと聞くと色々なメリットがあるイメージではあるけれども、どのようなメリットがあるのか完成までの流れや費用相場、そしてハウスメーカーや工務店など依頼先の選び方なども分かるようになっています。また、家づくりを行う手順について検討段階から完成までの流れや家を建てる費用の内訳にも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search